「CKEditor for Movable Type」プラグインのカスタマイズ設定をメモしていきたいと思います。

設定場所

「システム」→「ツール」→「プラグイン」→「システムのプラグイン設定」ページ、
『CKEditor for Movable Type 1.074』の「設定」タブ

CKEditor for Movable Typeの設定画面

まずは「エディターに表示するボタンの設定」から設定していきます。

ボタンのセット

「ボタンのセット」のプルダウンを「カスタム」にして「変更を保存」すると、
用意されているボタンが全て表示されます。
(「カスタム」の初期画面と「フル」のボタンは一緒です)

以下が、カスタムでボタンを全て表示させた画面です。

CKEditor for Movable Typeのボタン(フル)

Buttons

[
['Source','-','Save','NewPage','Preview','-','Templates'],
['Cut','Copy','Paste','PasteText','PasteFromWord','-','Print', 'SpellChecker', 'Scayt'],
['Undo','Redo','-','Find','Replace','-','SelectAll','RemoveFormat'],
['Form', 'Checkbox', 'Radio', 'TextField', 'Textarea', 'Select', 'Button', 'ImageButton', 'HiddenField'],
'/',
['Bold','Italic','Underline','Strike','-','Subscript','Superscript'],
['NumberedList','BulletedList','-','Outdent','Indent','Blockquote'],
['JustifyLeft','JustifyCenter','JustifyRight','JustifyBlock'],
['Link','Unlink','Anchor'],
['Image','Flash','Table','HorizontalRule','Smiley','MobilePictogram','SpecialChar','PageBreak'],
['mt_insert_image', 'mt_insert_file'],
'/',
['Styles','Format','Font','FontSize'],
['TextColor','BGColor'],
['Maximize', 'ShowBlocks','-','About']
]

「ボタンのセット」の「Buttons」にて、表示させたいボタンのみを選択します。

ボタンが多いのは一見良いことのように思いますが、
「使用しない機能のボタンがあること」=「どれを使ったら良いか迷う」=「使用にストレスを与える」ことになります。

ボタンは実際に使用する機能のみを激選した方が、結果的にエディターが使いやすくなると思います。

ボタンのカスタマイズ例

CKEditor for Movable Typeのボタンカスタマイズ例

[
['Undo','Redo'],['Maximize'],['Templates'],
['Find','Replace','-','SelectAll'],
['ShowBlocks',],['Source'],
'/',
['JustifyLeft','JustifyCenter','JustifyRight','JustifyBlock','-','Outdent','Indent','Blockquote'],['NumberedList','BulletedList'],['Table'],['mt_insert_image','Image'],[ 'mt_insert_file'],
['Link','Unlink','Anchor'],
'/',
['Format','Styles','FontSize'],['Bold','Italic','Underline','Strike'],
['TextColor'],['RemoveFormat'],['SpecialChar']
]

「テンプレート」と「スタイル」が不要の場合は、ボタンも削除します。

並び等も都度検討して変更して行きたいと思います。